メリットと税金について

株式会社設立のメリットと税金について

株式会社設立を設立するというのは新規で会社を興すことです。そこには若い経営者が新しい事業で世の中を変えていこうという熱い気持ちで行うものもあれば、株式会社設立と言う手続きを行うことによって得ることができる法的なメリットを活用するために綿密な計算を行って実施するものも含まれています。

後者の場合には既に何らかの事業を継続的に行ってきている実績がある場合に行われるものであり、株式会社設立に関わる手間暇やコストよりも株式会社設立によって得ることができるメリットの方が今後継続して大きくなると判断された場合に実行されることが多いという傾向があります。この様な法的なメリット、特に税金に関する有利な条件を活用するために株式会社設立を目指す個人事業主は少なくありません。

個人事業主と言うのは個人で事業を行っている人のことを言います。この場合は会社として対外的に活動を行っているわけではないのですが、労働者としての雇用関係にあるわけではありませんので労働者の権利を守る法律の保護の外にあります。また会社ではありませんので会社を守る法律である会社法の枠の外にあるのです。この様な個人事業主は比較的少額のビジネスの場合にはこのあり方がメリットとなることもありますが、売り上げが大きくなっていくに従って税金関係のデメリットが大きくなっていくという特徴があります。

その一つのタイミングが消費税です。個人事業主であっても2年前の課税売上高が1000万円を超えている場合には消費税の支払い義務が生じます。そうなってしまうと急に税金の支払いが始まってしまうため面倒なことになるのです。その様なタイミングで株式会社設立をすることで最大で二年間消費税の支払いの免除を受けることが出来ます。継続的な発展のためには重要な要素であると言えるでしょう。

また個人事業主の場合には入ってくる収入の全てが課税対象となる収入として計上されますが、株式会社設立をして経営者として役員報酬を受けるようになれば、その報酬額は経費として課税対象額から差し引くことが出来ます。ここには非常に多くな節税効果があるため、事業が軌道に乗ってきているのであればある程度の出費を行って株式会社設立をするだけの価値があると言えるのです。この様な税金の計算上のメリットが株式会社には多くありますので、メリットを最も大きく受けることができるタイミングで株式会社設立を考えるのは優秀な経営者であれば自然なことです。

最新記事

  • 会社設立には印鑑証明が必要 新会社法が施行され、資本金の最低限度額が撤廃されました。株式会社なら最低1000万 …

    印鑑証明が必要

  • 会社設立をするメリットについて 会社設立とは会社と作ることを意味します。より具体的には社長となって会社を作る第 …

    メリットについて