流れや費用

会社設立の流れや費用はどのようなものか

会社には株式会社、合同会社、合資会社、合名会社の4つの形態があります。新しくなった会社法で以前の有限会社が株式会社と同じ形態になり、新しく合同会社が加わりました。合同会社は会社を立ち上げる人たちで資金を調達し、その人たち全員で会社を経営していくという形です。

株式会社は株を発行して買ってもらうことで資金を集め、その株を持つ人を株主といい、株主たちから委任を受けた経営者が事業を行うことになります。
株式会社と合同会社はもし会社の経営がうまくいかなくなった時の責任が有限であるということは共通点でもあります。

最近は合同会社設立をする人も増えてきましたが、まだ認知度が低いために取引先や顧客の信用度も低くなりがちというデメリットもあります。だから多くの場合は株式会社設立です。
さて株式会社設立はどのような流れで行われるのでしょうか。

まずは会社について、どこにどのような目的で、どのような事業を行うかなどを明確にすることが大切です。それを定款という文書にします。

定款は紙でも電子文書でもできますが、電子文書は特別な機器が必要になるので一般的には紙で定款を作ります。定款とは会社名、会社の所在地、事業の目的、内容、代表取締役名、資本金、株主の構成など会社に関することや決まりごとなどを書いたものです。それから作成した定款を公証人役場に持っていき認証を受けることになりますがその際4万円の収入印紙と手続き代5万円が必要です。ちなみに電子定款の場合は収入証紙代は不要になります。

定款の認証を受けた後の流れとしては、会社設立登記を作成することになります。認証を受けた定款と、資本金の払込証明書、発起人の決定書、会社設立時の役員就任承諾書、印鑑証明書、会社説室登記申請書、印鑑届出書などを用意し、それらを一つの冊子にします。
その冊子ができれば次の流れとしては、法務局で会社設立登記を行うことになり、登記を受けたその日が会社設立日ということになります。法務局には直接出向く方法と、郵送、オンラインで行う3つの方法があります。
登記に関する必要経費としては手続きに必要な定款の謄本手数料が約2000円と登録免許税が最低でも15万円必要となります。
会社設立の流れとして、まとめると定款の作成をして公証人役場でその認証を受け、認証を受けた定款や他に必要書類を冊子にし、法務局で登録を受けるということです。そして会社設立の際にかかる費用は約25万円となります。
このような流れで会社設立ができるのです。