必要な資本金

会社設立に際して必要な資本金

以前は株式会社設立なら1000万円、有限会社設立なら300万円の資本金が必要でしたが、新会社法の施行によって最低資本金制度がなくなったため、いくらないと会社設立ができないということはなくなりました。だから1万円でも10万円でも良いのです。

しかし会社設立時には株式会社だと25万円は必要になります。公証人役場で定款の認証を得るための収入印紙代が4万円、手数料が5万円必要です。また法務局で登記をするための手数料が15万円必要になります。そのほかにもコピー代や印鑑証明書代など細かい費用も必要になってくるので、30万円程度はないと会社設立すらできなくなります。

また会社を運営するにあたり事務所を構えたりパソコンやコピー機などの設備などを揃えるためにも資金は必要で、会社の宣伝や名刺などを作成するためにも資金は必要になってきます。だから数十万や百万、二百万では会社設立は難しく、金融関係からお金を借り入れることが必要になってきます。

お金を借りると会社業務がスタートして利益を得ても得なくても返していかなくてはなりません。このように資金が少なかったり、金融機関で借りたりするとその後の経営状態が厳しくなってくるのです。

資本金は設立時にかかる初期費用と3カ月分くらいの運転資金は用意する方が良いのですが、資本金の額の大小は他の会社から見た場合の信用に関わります。多ければ多いほど信用度も高くなるので、取引先や仕入れ先の企業の規模が大きければそれに合わせた額が必要になり、取引や顧客の獲得に資本金があまり関係のない場合はそれほどなくてもよいということにもなります。これらのことを考えていくらくらい必要かを決めるようにします。

ではどのように調達をすればよいのでしょうか。
自分の貯金を充てることができればよいのですが、資本金にすると会社の経費としてしかそのお金は使えなくなります。自分の生活に充てるお金はその残金のみということになるので、できるだけ自己資金を多く持って生活にも困らないようにしておくことが大切です。また家族や知人、友人などに出資してもらうという方法もあります。その際にはきちんと借入書を文書で作成しお金の貸し借りでトラブルが起こらないように注意します。そして金融機関から借り入れるという方法があります。金融機関から借り入れるのは会社設立後ということになります。
これらの方法で資金を調達するのですが、信用がなければだれも貸してもらえないので、日ごろから信用を持ってもらえるようにすることも大切です。